野菊のこみちを歩こう

伊藤左千夫の有名な小説「野菊の墓」の舞台になった小道があるということで、行ってみました。

(アクセス方法はこちらから)

野菊の墓って読んだことないんだけどね・・・

今度読んでみようかしら?

 

土手を降りると野菊の小道の道案内がありました。 DSCN8178.JPG

早速「野菊の墓」にちなんだものを発見!

伊藤左千夫記念碑です。 DSCN8179.JPG

DSCN8180.JPG

本の形の石碑とは・・・!!珍しいです。

野菊の小道を歩いていると葱畑の中に突入してしまいました。

DSCN8183.JPG

DSCN8181.JPG

私的には野菊の小道というより葱の小道です。

写真では伝わらないですが葱の匂いが強烈です。

ちなみに矢切りねぎは、矢切りの名産品です。

江戸川流域の沖積土壌(長年にわたって、川が運んできた泥炭なミネラル分豊富な土壌)にて栽培されていて、栄養豊富な土壌で育った長ねぎは色白で太く、身がしっかり詰まり、とても甘い葱なんだそうです。

他にもキャベツ畑もありました。

 

DSCN8186.JPGでもやっぱり葱のインパクトの方が強いなーー

 この道は、農耕車優先とのこと。

 

DSCN8199.JPG多分普通の車は入らないと思う。。。

収穫時期なのかな?

葱を積んだ車が止まってました。 DSCN8191.JPG

そしてその隣には葱の残骸が・・・ DSCN8192.JPG

葱のインパクトが大きすぎて忘れてしまいがちですが「野菊の小道」の石道碑もあります。

全部で10枚あり道案内をしてくれます。 DSCN8189.JPG

DSCN8188.JPG  

DSCN8198.JPG  

しばらくい歩くと小川にたどりつきました。 DSCN8194.JPG DSCN8193.JPG

川にかかってる橋には、野菊の墓と矢切りの渡しのモチーフがありました。 DSCN8197.JPG DSCN8196.JPG

野菊の小道はまだまだ続くのですが、ここで引き返して柴又に戻ることにしました。

 

 

left.gif
ic_top.gif
backic.gifnextic.gifright.gif