矢切りの渡しに行こう!

【矢切りの渡しとは】
都内唯一の渡し場として人気スポットです。
川幅150Mの江戸川を小さな渡し船が往復しています。

<アクセス> 京成柴又駅から徒歩15分
<運航時間>
●朝9時頃から日没まで。雨天荒天の場合は欠航。
対岸に旗が翻っていれば運航しています。
<休日>
12月~3月中旬は月~金曜日、ただし1・1~1・7は毎日運航
(3月中旬~11月末は無休、7,8月は月曜不定休)

<料 金>
●大人片道100円 子供片道50円

<問合せ先>
047-363-9357(矢切りの渡し営業所)

<歴史>

江戸時代初期 徳川幕府が設けた利根川水系河川の15か所の渡し場の一つに選定された。
明治42年 伊藤左千夫の小説「野菊の花」により矢切りの渡しの名が知れる。
昭和44年 映画「男はつらいよ」の第一作目で寅さんが矢切りの渡しの船で柴又に帰ってくるシーンで話題になる。
昭和45年頃 他の東京都23区内の渡し場が廃止になり都内唯一の渡し場になる。
昭和58年 細川たかし氏がカバーした矢切りの渡しが大ヒットする


帝釈天の見学後、矢切りの渡しに向かいました。


帝釈天から、江戸川に向かいます。
DSCN8138.JPG


 江戸川です。


天気も良くてとっても気持ち良かった!
DSCN8139.JPG


あまりにいい景色だったので、何枚も写真を撮ってしまいました。


なんと言っても、空がきれい!


こんな青空みたら、落ち込んでいても、元気になれそうです。
DSCN8140.JPG
DSCN8141.JPG


矢切りの渡しに行く途中に、方向を示す目印を発見しました。


柴又方面

DSCN8145.JPG


小岩方面


 



DSCN8144.JPG


矢切方面


DSCN8143.JPG


水戸街道方面
DSCN8142.JPG


そして船乗り場に到着です!


渡し船に乗った時の記事は次のページで書きます。 


 


 

left.gif
ic_top.gif
nextic.gifright.gif